「ゲキレッド海苔」の作り方と、「ゲキレンジャー」弁当(パパ弁)

画像


以前パパ弁で紹介した「ゲキレッド海苔」について
『何で海苔をカットしているのか?』とか、『うまく作れない…』といった質問を
頂いたので、今回は私の作り方を紹介します。

まず用意するものは…
型紙(正面顔)とハサミと安海苔!!

画像


ハサミは小さめで先の尖ったもののほうが、細かい作業がし易いです!
ちなみに、上の写真は私が海苔カットに使用しているハサミです。
左側のハサミをメインに使って、
右側のハサミは細かいパーツや微調整するときに使ってます。
(ゲキレッド海苔は左のハサミのみ使用しました。)

そして「ゲキレッド海苔」を作るうえで重要なのが、安海苔です!!
『カッターなどを使っているのか?』と質問をうけましたが、
海苔を半分折りにしてカットするので良い海苔(高い海苔)だと破れます(^^;)
私がよく使う海苔は、全形7枚入り98円の超安海苔です^^

あとは、半分に折った型紙と海苔を重ねて切るだけですが
私が海苔カットで注意していることは、、、

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

☆海苔を半分折りにして切る(左右対称のものを作る)場合、
 型紙と海苔を重ねてから半分に重ねると、
 折り目に近いところは微妙に差がでたり、
 カットしている間に海苔がずれてしまっても気が付き難いので、
 半分に折ったもの同士を重ねてます。

 また、カットしている間に手の水分で
 折った海苔同士がくっついてしまう場合があるので、
 カットに時間がかかりそうな場合は海苔の間に紙を挟みます。

☆海苔でキャラを作る場合(パパ弁用の海苔)は前日に海苔をカットして、
 乾燥剤とともにタッパーかジップロックに入れ冷蔵庫で保存しています。
 こうしておくと、カットしている間に多少湿気てしまった海苔も
 朝にはパリッとしています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲキレッドは輪郭からでなくカットするのではなく、
額の模様からカットしていったほうが
つかむ海苔の部分(左手で抑えている部分)が多いので切り易いと思います。
私は、額の模様→クチ(切り込みのみ)→輪郭→目の順でカットし
型紙を外して海苔だけの状態にしてから、クチを浮かび上がらせ
クチの切り込みを太くしました。

また、海苔をご飯にのせるときは
ご飯を平らにならして十分冷ましてからのせてくださいね!

ゲキレンジャー好きのお子さんをお持ちのみなさん♪
頑張って挑戦(リトライ)してみてくださ~いヾ(≧▽≦)〃




ついでに昨日のパパ弁です↓

「ゲキレンジャー」弁当(パパ弁)

画像


カッターで海苔は切れるのか?を
試すついでにゲキレンジャー3人を作ってみました♪
「ゲキブルー海苔」は初挑戦です!!
ゲキブルーの額の模様のくり抜きにカッターを使いました。
カッターでも海苔は切れましたが、慎重にやらないと破れそうなのと
時間が掛かる…など、とっても難しかったです(^^;)
やっぱり海苔カットはハサミが一番だと思います。


実は「スーパーゲキレッド海苔」にも挑戦してみました(笑)
興味のあるかたは、
次の記事にUPしますので覗いてみてくださいね!!


にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
↑ランキングに参加しています♪♪
 応援よろしくお願いしますヾ(≧▽≦)〃