ruちゃんの眼鏡。

今日は日記モードです。
お弁当とまったく関係ない記事ですが、
書き留めておきたいので
興味のない方はスルーして下さい。

画像


1週間ほど前に、ruちゃんの眼鏡を作りました。

幼稚園の簡単な視力検診の結果が
思わしくなかったので
眼科を受診したところ、
近視と乱視と、
片眼に先天性白内障があることが判りました。
視力は両眼でも0.15(右:0.08、左:0.09)しか
ありませんでした。

以前からテレビを見ていると近づいていったり、
時計の数字を言っても首を傾げたり。
ちょっと目が悪いのかなって
思ったことはあったけど、
ここまで見えてなかったとは。。。
ショックでした。

子供の視力は一般に、
生まれたばかりのときで0.01くらい。
1歳で0.1くらいになり、
その後5歳前後で1.0まで育つそうです。
(視力は10歳前後まで
伸びる可能性があるそうです)

ruちゃんは今6歳だから、
良かった視力が落ちたのではなく、
視力が育たなかったことになります。

良く見えたことがないので、
本人も見えていない自覚がなかっただけ。
今まで気付いてあげなくて、
本当にごめんね。。。

矯正視力(眼鏡での視力)を伸ばすためにも、
常に眼鏡の着用をしたほうが良いとの
お医者さんの勧めもあり、すぐに眼鏡を作りました。
眼鏡はお店を数件巡り、
ruちゃんの1番気に入ったもの
(オレンジ色で、蝶番に小さなお花が
付いているもの)を選びました。

初めて眼鏡をかけた日、
「なんで眼鏡をかけなきゃいけないの?」と
言っていたruちゃんだけど、
家の窓から見える景色を見て、
「ママ、電車が見えるよ~っ!」、
「あれがスカイツリーなの?!」と
喜んでいるruちゃんの姿を見て、
この子は本当に見えてなかったんだ…と
実感しました。

初めての眼鏡なので、
扱いなどに慣れさせるため、
先週1週間は家にいるときだけ
着用させていましたが、
今日からは眼鏡で通園。。。
先週juくんのお友達が遊びに来たときに
しばらく隠れていたり、
「幼稚園にはかけて行きたくない!」と
言っていたruちゃんなので、
今朝の登園は重い足取りでした。

悪気のないお友達の
「ruちゃん眼鏡なの?」などの一言に、
どうか傷つきませんように。
先生やお友達の顔が
よく見えるようになったことに、
喜びをたくさん感じますように。。。

今日はそれだけが心配です。

p.s.
ママも眼鏡だから、
眼鏡の煩わしさはよくわかります。