公園弁当と、大箱弁の簡単な詰め方のコツ♪

運動会の次の日のお弁当~♪

画像


☆メニュー☆
(肉団子(甘酢あん味)、とうもろこし、
アスパラのベーコン巻き、ウインナー、ほたての照り焼き、
プチトマト、おにぎり3種(チャーハン、昆布、ツナマヨ))



運動会の次の日に、
公園に持っていったお弁当です。
(週末は、広い芝生の公園で
キャッチボールをするのが我が家の定番^^)

運動会弁にも入れた肉団子ですが、
たくさん作って冷凍しておいたので、
この日は味付けを変えて
簡単にお弁当作成~^^

いままで公園弁を作っても
写真を撮ってなかったんだけど、
もうすぐ運動会のママ友に
ちょっとでも参考になれば…と思い
画像UPです。
(公園弁はめったに作らないけどね^^;)

とは言っても、
定番ばかりなおかずで
大したものが入ってないので、
今日は私なりの
大箱弁当の詰め方のコツを紹介します^^

はい、ではさっそく。。。
たぶんですが、
大きいお弁当箱の最大の悩みは、
スペースがありすぎて、
どこに何を詰めていいのか、
わからなくなること!! ←私だけ?^^;

そんなときは、詰める前に
容器(カップや小鉢)や、
普通サイズのお弁当箱を
空の大箱に入れて、配置をイメージします。

画像


↑これは前記事の、運動会のお弁当の場合。

小さい容器なので副菜入れとして使い、
残りのスペースに
メインおかずを詰めるイメージで。
(実際に使った容器が在庫切れのため、
高さがあってないですが…^^;)

これ、紙コップでも大丈夫ですよ!
(高さはカットして調整できます)

画像


↑こちらは今回のお弁当の場合。

大きい容器なので、
メインおかずをどーんと詰めるイメージで。

ここまでは、あくまでもイメージで^^
頭の中で1度おかずを詰めてみましょう。

実際に詰める前に
メインおかずの位置がイメージ出来れば、
グッと詰めやすくなりますよ~^^
(もちろん容器が
仕切り代わりにもなってくれます)


あとおススメなのは、クッキングシート。

画像


お弁当が可愛く見えるのはもちろんのこと、
容器全体に敷いておくと
洗い物が断然楽チンに~♪

疲れて帰ってきて、
ギトギトのお弁当箱とか洗いたくないしね^^;
油汚れはゴミ箱にポイッ(^m^)ププッ

ちなみに写真のクッキングシートは、
キャンドゥで購入しましたよ~!
(セリアでも売ってたかも…)

画像


今週末も晴れるといいね^^

画像


p.s.
ちなみに月曜日の代休は、
サンシャイン水族館に行きました♪ ←裏切り者(笑)


にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村
    
ランキングに参加中です^^
応援クリック、よろしくお願いしま~す☆彡
(クリックするとランキングポイントが加算されます。)